2016/07/05 11:21:05 |
サラ金と聞くと何だか怖いイメージ、怪しいような雰囲気があるものですが、今では決してそのようなことはありません。サラ金とは言ってもあくまで消費者金融であるため、例えば大手とされるアコムやアイフル、プロミスでも言ってみればサラ金です。そもそもサラ金とはサラリーマン金融の略称であり、一昔前のグレーゾーン金利による高い利率での貸し付けを行っていた消費者金融の対する俗称です。どちらかと言えば悪いイメージを与えるために使われていた言葉でもあり、業界全体としてのイメージ向上の意味も込めて現在の消費者金融とする呼び名が広く使われるようになった背景もあります。サラ金も消費者金融も変わらないとなれば別に不安に感じ...
2016/07/05 11:21:05 |
貸金業者、つまり消費者金融は貸金業法による決まりの範囲での貸し付けを行っています。行っているというよりも行わなければならず、正規の貸金業者である以上は貸金業法に反する貸し付けは行いません。貸金業法を無視してお金を貸せば、すぐに行政処分の対象となります。場合によっては営業の停止などに追い込まれることもあるので、大手であればあるほど貸金業法に対しては厳しくなります。TVCMでも有名なモビットでも当然ながら貸金業法に基づいた貸し付けとなり、貸金業法の中でも大きな影響力を持つ総量規制もしっかりと守っています。総量規制は年収の3分の1までの貸し付けとなる決まりのため、モビット以外で既に年収の3分の1以上...
2016/07/05 11:21:05 |
専業主婦とは一般的に自身では収入を持たず、配偶者の収入のみとなる方を指します。パートなどをしている兼業主婦とは異なり、自身では収入を持たないために消費者金融からの借り入れは難しくなります。現在の消費者金融を取り巻く貸金業法には、自身の年収の3分の1までの借り入れに制限する総量規制があります。総量規制によって自身の年収は0となる専業主婦は借りられないので、消費者金融のカードローンは利用ができないのです。銀行よりも審査基準が低いとされる消費者金融でも借りられないとなると、専業主婦はもはやどこからもお金が借りられないのかと諦めてしまいそうになりますが、そんなことはありません。逆に銀行であれば、専業主...
2016/07/05 11:20:05 |
いくつもの借り入れがある方にとっては助かるおまとめローンの利用は、専用のローンよりもカードローンを使った一本化とする場合が多いです。主に銀行からの借り入れとなりますが、銀行カードローンで借りたお金でおまとめを行うため、適するカードローンを選ぶ必要が出てきます。東京スター銀行などのおまとめ専用ローンであれば別ですが、用途が個人が使う範囲であれば自由となるカードローンの場合には、おまとめに適しているものを選ばないと審査で不利になる可能性があります。と言うのも、おまとめ利用に向かないカードローンだと申し込み時に単なる借り入れが多い人と判断される可能性があるためで、おまとめ利用として申し込みを進めるた...
2016/07/05 11:20:05 |
事業資金としてお金が無くなった場合でも、カードローンの借り入れによるピンチからの脱出は可能です。カードローンとは言っても通常の個人向けの商品ではなく、事業資金に使えるビジネスローンとされるカードローンとなります。一般的なプロミスやアコム、その他は金融機関などから借りる個人向けのカードローンは、資金使途は自由となっていても事業資金は除くとされています。個人が使うなら自由であるとしても、個人利用以外の事業資金としての借り入れなどは不可となるのです。しかしビジネスローンとされるカードローンであれば、文字通りビジネスとしての資金に使えます。当面の運転資金としてでも、またはつなぎとしての融資としても利用...