専業主婦が借りる場合には利用先の選定が重要

専業主婦とは一般的に自身では収入を持たず、配偶者の収入のみとなる方を指します。パートなどをしている兼業主婦とは異なり、自身では収入を持たないために消費者金融からの借り入れは難しくなります。

 

現在の消費者金融を取り巻く貸金業法には、自身の年収の3分の1までの借り入れに制限する総量規制があります。総量規制によって自身の年収は0となる専業主婦は借りられないので、消費者金融のカードローンは利用ができないのです。

 

銀行よりも審査基準が低いとされる消費者金融でも借りられないとなると、専業主婦はもはやどこからもお金が借りられないのかと諦めてしまいそうになりますが、そんなことはありません。逆に銀行であれば、専業主婦の方でも借りられる可能性があります。

 

全ての銀行というわけではありませんが、一部の銀行のカードローンでは配偶者に安定した収入をお持ちの専業主婦の方でも借り入れを可能としています。限度額や極度額は一定まで制限はされるものの、10万円や20万円程度までであれば借りられるカードローンもあります。

 

銀行で借りるために消費者金融よりも金利が抑えられ、自身で収入を持たない専業主婦だからこそシビアに見ておきたい返済の負担の面でも安心です。来店不要で内緒で借りられる専業主婦用のカードローンもあるので、配偶者に知られずにお金を借りたい専業主婦の方は注目です。