消費者金融の総量規制と審査の関係を知る

貸金業者、つまり消費者金融は貸金業法による決まりの範囲での貸し付けを行っています。行っているというよりも行わなければならず、正規の貸金業者である以上は貸金業法に反する貸し付けは行いません。

 

貸金業法を無視してお金を貸せば、すぐに行政処分の対象となります。場合によっては営業の停止などに追い込まれることもあるので、大手であればあるほど貸金業法に対しては厳しくなります。

 

TVCMでも有名なモビットでも当然ながら貸金業法に基づいた貸し付けとなり、貸金業法の中でも大きな影響力を持つ総量規制もしっかりと守っています。総量規制は年収の3分の1までの貸し付けとなる決まりのため、モビット以外で既に年収の3分の1以上借りている方、または近くまでの借り入れがある方は、モビットでの審査にはまず通りません。

 

一部で例外となる貸し付けで総量規制を超えることは可能ではありますが、一般的なフリーで借りるキャッシングローンの場合には総量規制を超えて借りることは不可能と言えます。

 

おまとめローンなどの借り手が一方的に有利になる条件であれば総量規制以上で借りられる内容とはなっているものの、モビットでも行われているおまとめローンの利用はあくまで総量規制の範囲に収まることが大半です。現実的は話としてモビットで総量規制を超える貸し付けは行われていないと言えるので、年収の3分の1までの借り入れとなるのです。

 

モビット以外でも総量規制は消費者金融の審査に大きく影響を与えているので、申し込み前にはしっかりと内容を知っておくと良いでしょう。